彼氏向きと夫向きの男性の違い

0
1219
27歳の時に離婚した女です。結婚5年目、交際期間含めると7年目で離婚。離婚時子供は1人(4歳)いました。離婚した一番の理由は夫からのDVです。離婚してよかったことは自分のペースで生きられること。逆に大変だったのは「一人で子供を育てる責任」です。でも離婚して全く後悔ありません。

付き合っていた頃は相性が本当に良くて、
彼こそ運命の相手!永遠に一緒にいたい!
と思っていたのに、いざ結婚してみたら思っていたのとなんか違う・・・と感じる女性は多いと言います。

もちろん、自分自身が結婚に対して高い理想を抱きすぎていることが原因な場合もありますが、実は男性には彼氏向きな男性と、夫向きな男性がいるようです。

残念なことに、最高の彼氏と最高の夫はイコールじゃないんですよね。
最初にその見極め方を間違えると、あなたにバツが1つついてしまうことも・・・。

では、この2つのタイプの男性には、一体どんな特徴の違いがあるのでしょうか?
そしてあなたの彼氏・夫はどちらのタイプ?!

今回は、彼氏向きな男性と夫向きな男性について、特徴別に分けてみましたので、一緒にチェックしていきましょう。

彼氏向きな男性⇒家事ができない
夫向きな男性⇒家事が得意

付き合っていると、彼に色々してあげたくなってしまうのが女性の性。
私もついつい彼が喜んでくれる顔が見たくって、あれやこれや尽くしてしまうタイプなので、良く分かります。

私の場合は、逆に家事が得意な人と付き合ってしまうと、自分の出る幕がなさそうですし、自分の料理や掃除の仕上がりに、何か思われているのでないかとちょっと自信がなくなってしまうんですよ。

だから彼が料理や掃除などの家事が何もできなくても、私ができるから大丈夫!
むしろ料理一つとっても、
「美味しいよ、ありがとう」
なんて感謝されちゃうと調子に乗って、もっとやってあげたくなっちゃうので、家事ができない方が尽くしがいがあるとも言えます。

新婚ごっこみたいで、付き合っている時はきっと楽しいことでしょう。
まさに彼氏向き!

・・・ですが、結婚したらどうでしょうか?

兼業主婦が多いこの時代、毎日の仕事から疲れて帰宅した後、家事の全部を自分で請け負わなければならないとなると、そのうち

「何で私ばっかり・・・。」

という不満が出てくることでしょう。
子供が生まれたらなおさらです。

こんな時、家事の得意な夫向きの男性なら、家事の分担ができますし、休日などに料理も快く作ってくれるはずです。

家事を手伝ってもらいたいほど忙しい時に、家事のできない男性に掃除や洗濯の仕方をイチから説明するのは、本当に面倒なんですよね。

ですから家事スキルのある男性は、断然、夫向きなんです!

彼氏向きな男性⇒高級レストランや高価なプレゼントなど、サプライズも多い
夫向きな男性⇒どちらかというと庶民的で、無駄遣いなどしない

いつも事あるごとに素敵なレストランを予約していてくれて、プレゼントもマメ。
サプライズな演出も好きで、まるで自分をお姫様のように扱ってくれる男性が彼氏だったら、きっととても毎日楽しいですよね。

お金を羽振り良く豪快に使う人は、自分自身にもお金をかけている人が多いです。
彼はファッションブランドにも好みやこだわりがあって、オシャレなのでは?

付き合っている時は財布が別々なので、彼がどのようにお金を使おうが気になりませんし、むしろ自分に尽くしてくれることに対しては、嬉しく感じますよね。

ですが、結婚すると家計が1つになるんです。

彼からしたら、どうしたって独身時代のようなお金の使い方ができなくなり、ストレスが溜まるでしょうし、反対にあなたからしたら、将来のことを考えたお金の使い方をして欲しくなります。

つまり、金銭的に派手な付き合い方をしているほど、結婚後の現実にお互い不満が生じやすくなってしまうんです。

一方、先ほどとは真逆で、いつもデートの時の食事はチェーン店のレストランや居酒屋ばかり。
衝動買いなどもせず、サプライズなんか皆無!
なんかすでに所帯じみていて、好きなんだけど一緒にいると、時々物足りなさを感じてしまう彼を持つあなた。

・・・実は、このような彼こそ夫向きな男性なんですよ。

この手のタイプの男性は、恋愛対象として見ると一見、器が小さくてつまらないケチ男に映ってしまうかもしれません。

ですが、夫にすると節約家で金銭感覚がまともであり、お金の管理を安心して任せられる頼れる男性に変身するんです。

結婚生活を送る上で、相手の収入は大事なポイントになっていきますが、いくら収入が多くても計画性のない使い方をしては意味がありません。
金銭の管理能力がある男性は夫向きな男性と言えますね。

彼氏向きな男性⇒とにかく顔がタイプで、女性にモテるタイプ
夫向きな男性⇒決め手は中身!あなただけにモテるタイプ

恋愛にはときめきが重要です。
何度も会っているのに、ドキドキするくらいカッコ良い自慢の彼。

そんなモテモテの彼をゲットしたら浮気されないよう、自分も常にキレイでいる努力ができますし、カッコ良い彼と恋愛しながら自分磨きもできて、一石二鳥の幸せな生活を送れます。

ですが、彼が意図しなくても、彼の周りには常に女性がたくさん。

彼と結婚してからは、常に夫の浮気や不倫の心配がつきまとい、いつだって安心できません。
また、彼に幻滅されないようにいつもキレイでいなくちゃを、プレッシャーに感じてしまうと無理がたたって精神的に疲れてしまうでしょう。

しかもいずれ妊娠・出産をすれば、体型がが変わってしまうこともあるでしょうし、ヘアメイクだって以前のように時間をかけられないのですから。

なのでイケメン男性とは、あくまで彼氏としてお付き合いするのが良いのかもしれません。

・・・さて、反対に容姿は万人受けしなくても、私だけの大好きなチャームポイントがある彼。
性格も穏やかで優しく、いつも自分だけを愛してくれる自信が持てる彼氏との結婚はどうでしょう?

きっといつも自然体な自分でいられますよね。
浮気の心配がなく心に安定をもたらしてくれる彼こそ、夫婦生活がこの先何十年続こうが安心できる、理想の夫なのではないでしょうか?

そう、私だけがで大好きで、私だけにモテる夫が良いのです。

彼氏向きの男性⇒無口で多くを語らない寡黙なタイプ
夫向きの男性⇒話が面白くておしゃべりなタイプ

余計なことは喋らない、寡黙な男性って哀愁が漂ってカッコ良いですよね。

そんな彼が、時折垣間見せてくれる不器用な自分への愛情表現が、たまらなく幸せに感じられます。
日本男児たるもの、背中で語る。
まさにお笑いのネタにもあった、男は黙ってなんとやら!です(笑)

そんな彼の3歩後ろを、いつまでも歩くような女性でありたい。
これって誰もが夢見る、理想の夫婦像なのではないでしょうか。

では、夫にするには無口な男性が向いているの?

・・・いやいやいやいや、そんなのは昔の話です。

結婚生活を続けていく中で、夫婦には家のことやお金のこと、子供のことや老後のこと、とにかくたくさんの決め事が生じます。

しかも現代女性は、結婚・出産を経て夫に対する態度が大きくなっていく傾向があります。

ですから、大事な決断について話し合いたいのに、まともに言葉のキャッチボールができない無口な夫に対してどんどん不満が溜まるのです。

実際に、離婚のきっかけになった理由として多いものの一つに「夫婦の会話がない」ことが挙げられていますし、過去に「ホンマでっか?TV」では、

無口な男性と結婚した女性は、精神疾患になる確率が高くなる

ことを、心理評論家の植木理恵先生に取り上げられたりもしました。

女性は一般的に、コミュニケーションで愛情を確認したい生き物ですので、思うように会話が成り立たない状態が続くと、ストレスが溜まり耐えられなくなるようです。

ですから夫向きな男性は、「おしゃべりが好きな人」!
毎日の楽しい出来事、面白い話、時に愚痴をこぼしたり、相談事も熱く乗ってくれるような男性なら、まるで同性の友達といるような楽しい会話ができます。

言いたいことを言い合える夫婦関係って、とても大事だと思いませんか?

終わりに・・・

いかがでしたでしょうか?

あなたの彼、夫は彼氏向きでしたか?それとも夫向きでしたか?
もし彼氏向きなタイプだったとしても、結婚後にデメリットとなる部分が、あなたの許容範囲であったなら、何も結婚を諦める必要はありませんよ。

ですが、あくまで離婚に結びつかない結婚への判断材料の一つとして、この記事を参考にしてみてくださいね!

コメントを投稿する

Please enter your comment!
Please enter your name here