離婚後に多いトラブルBEST5

0
120
27歳の時に離婚した女です。結婚5年目、交際期間含めると7年目で離婚。離婚時子供は1人(4歳)いました。離婚した一番の理由は夫からのDVです。離婚してよかったことは自分のペースで生きられること。逆に大変だったのは「一人で子供を育てる責任」です。でも離婚して全く後悔ありません。

決着が着くまでたくさんたくさん時間をかけて話し合いをした、離婚。

これだけ身を削る思いをしたのだから、離婚成立後はキレイさっぱり後腐れないようにしておきたいもの。

でも意外と、離婚後の元夫婦間のトラブルって多いんです。

離婚する人の多くが相手に対しての愛情は冷え切っているので、こういったトラブルがあると余計がっかりというか腹立たしいというか、とにかく気分が悪いことでしょう。

では離婚後に起きてしまうトラブルって、一体どんなものなのでしょうか?

知っていれば、これから離婚を考えている方が、事前の対策ができるかもしれませんね。

今回は離婚後トラブルについて、深く掘り下げてお話していきます!

離婚後トラブルの原因第5位 離婚後もつきまとわれて困っている

相手が離婚に納得いっていない場合、どうしても復縁したい場合、はたまた怖いことですが未練が恨みに変わってしまった場合、元パートナーがストーカー化してしまうことが多いのだとか。

そして、厄介なのが知らない人からのストーカー行為とは違い、どうしても情があるので、つい最初は無下にできずこちらが中途半端に接してしまいがちです。

すると相手を期待させることになり、行為がエスカレートしてしまうようです。

そのストーカーレベルは、執拗なメールやしつこい電話といったものから、自宅での待ち伏せ、さらには実家に上がり込んで待っているなど様々。

いくら元夫婦であってもこれらは立派なストーカーという犯罪行為です。

特に動機が恨みの場合、放っておくと身の危険が生じてしまうことすらあります。

このような場合は速やかに情を振り払って、警察に相談しましょう。

また相手に、いくら電話やメールで拒絶する態度を示しても

「電話に出てくれると言うことはまだ気持ちが残っている。」

「じっくり話せばまた分かり合える。」

など、ストーカーは自分の都合よく解釈してしまう傾向があるため、逆効果になってしまいます。

ストーカー化してしまった元パートナーと、直接のやり取りはNGです。

離婚後トラブルの原因第4位 養育費の増額を頼みたいが応じてくれない

子育ては予測のつきにくいもの。特に子供に関する予想外の出費なんて良くあることです。

例えば、

・子供、または親権を持つ親が病気やけがをして入院になり、医療費が足りない

・子供の塾や家庭教師代が捻出できない

・子供の高校や大学に通うための、学費が足りない

このような出費により養育費が足りなくなった場合、本来は増額をしてもらうことが可能です。

ですが、理由もはっきり話した上で増額してもらいたい旨を伝えても、なかなか応じてくれない、メールで送っても返信が来ないなどでトラブルに発展してしまう元夫婦が多いそうです。

別居親は、子供の教育には日ごろ関わっていないことが多く、塾や家庭教師などの必要性が分かりにくかったり、私立ではなく今から公立にしろなど無理なことを言ったりもします。

中には毎月の固定養育費自体が、元パートナーの生活を圧迫していて、急に言われても捻出が難しいことも・・・。

これを防ぐには、離婚してからも密に連絡を取るのは嫌かもしれませんが、定期的に子供の教育方針や今後の学力UPについての話などを、普段から元パートナーに伝えておくことが重要です。

すると相手側もある程度心の準備ができ、養育費の増額もしてくれやすくなります。

もし養育費の増額による話し合いがこじれてしまったり、連絡しても一切取り合ってもらえない場合には、内容証明郵便を送りましょう。

きちんと相手側に養育費の増額を要求したことの証拠となり、今後調停や裁判を起こすことになった際に、提出することができます。

離婚後トラブルの原因第3位 子供と面会できない

離婚前の取り決めで約束したにも関わらず、いざ離婚が成立したら、

「子供の具合が悪い」
「習い事で忙しい」
「子供が会うのを拒んでいる」

など、何かと理由をつけて子供に会わせてもらえない・・・と嘆く人の声を多く聞きます。

面会交流を持つということは、離婚後も元パートナーと繋がり続けなければならないことになります。

親権を持つ親はそれを苦痛に感じるのでしょうが、親権を持たない親にとっても子の親であることは変わらず、また子供もなるべく両親からの愛情を受けた方が良いのは明らかです。

実は、離婚が成立した後も子供が20歳になるまでは、元パートナーに面会交流権があり、この権利を調停や裁判で主張することができます。

しかし、これにより相手との関係性がもっと悪化する恐れのあることや、強制的に子供と会うようで子供への影響を心配し、なかなか踏み出せないことなどから泣き寝入りする人が多いそうです。

中には、会えないのなら親でいる意味がないと、養育費の支払いをストップしてしまうことも。

子供との面会交流権を「養育費」という名目のお金で買っているようで嫌ですが、現実には結構多い話なのだそうです。

こういった事態を避ける為には離婚協議の際に公正証書を作成し、約束が守られなかった場合に、いつでも協議での取り決めたことを証明する準備をしておくべきです。

離婚後トラブルの原因第2位 慰謝料が支払われない

離婚の理由が

・浮気や不倫などの不貞行為

・DVにおける身体的・精神的暴力

・悪意の遺棄(収入を渡さない、家事育児放棄など)

こういった場合、離婚時に元パートナーから慰謝料を請求することができます。

慰謝料と聞くと、離婚の際に一括で貰えるお金のように感じますが、実は現在の慰謝料の相場は、大体200万円程度。

一度に支払うには負担が大きいということで、現在では分割で慰謝料を支払うケースがかなり増えています。

それなのに今、決められた額の慰謝料が最後まで支払われない確率がなんと80%に上るというのです。

支払いが滞る理由として、例えば仕事が変わり給料が減ったことや、新しい人と再婚をし生活環境が変わってしまったことが多くみられます。

しかし、慰謝料は元パートナーに精神的苦痛を与えた代償であり、それを分割にするということは相手に対して借金をしているようなものです。

決して支払う側が優位に立ってお金を与えているのではありません。

長期に渡り支払いを続けるとどうしてもその感覚が鈍り、相手の為に毎月払ってやっている感が強くなって、安易に滞納できてしまうのです。

ちなみに、もし慰謝料の支払いが途中で滞ってしまった場合は、元パートナーの給料や財産を強制的に差し押さえすることも可能です。

離婚後トラブルの原因第1位 養育費が支払われない

第1位は、養育費の支払い問題。

そしてこれは自分のことではなく子供に関わるお金なので、支払われないストレスは相当大きいようです。

現に、私の周りの子連れ離婚経験者の友人のうち、2人からこの相談を受けたことがあります。

私の友人の例で言うと、

<<例1>>
「最初はきちんと、毎月定額支払われていたが、だんだん頻度が2か月に1回、3か月に1回になり金額も半額になって、今では毎回催促の連絡をしてやっと少額支払われる状態。連絡を取るのも嫌だし、毎回元夫のことを思い出さなくてはならないのも苦痛。」

<<例2>>
「元夫が再婚したとの噂が耳に入ったのと同時期に、養育費の支払いがピタリと止まった。渋々連絡を取ったら、どうやら再婚相手との間に子供もできて、うちの子にお金が回らないらしい。同じ元パートナーの子なのに差別されたようで許せない。」

このようなものでした。

この悩みを打ち明けられてからそれぞれ数年経っていますが、残念ながら友人たちの場合は支払いが元通りになることはなく、現在に至っています。

養育費も慰謝料と同じくもちろん強制執行することができますが、一人で子育てと家事を両立しながら、そんな大変な手続きなどをする時間と心の余裕はないのが現実のようです。

これでは離婚後のトラブル第4位にあった養育費の増額なんて、とてもじゃないですが期待できませんね。

終わりに・・・

いかがでしたでしょうか?

離婚後のトラブル5つのうち、なんと3つが金銭関係によるものだということが分かりました。

慰謝料・養育費の重みの認識が、支払う側と受け取る側で大きく違うのでしょうね。

特に養育費は元夫婦間のものではなく、親の勝手な都合で片親にならざるを得なくなった、子供の成長のために必要なお金です。

離婚しても子供と両親の親子関係が切れることはなく、両親共に子供を養育する義務があります。

離れて暮らす親が直接養育できない代わりに・・・そして本来離婚せず暮らしていたら、毎月確保されていたであろう金額分の養育費を、子供のために支払うのです。

お金の切れ目は縁の切れ目という言葉がありますが、縁は切れてもお金が切れてはならないのが離婚なのです。

コメントを投稿する

Please enter your comment!
Please enter your name here