実体験!元夫の浮気の兆候11つ&決定的証拠4つ

0
189
30歳の時に離婚した女です。結婚7年目、交際期間含めると8年目で離婚。離婚時子供は3人(0、2、5歳)いました。離婚した一番の理由はギャンブル、浮気です。離婚してよかったことは定額の養育費が振り込まれ生活が安定した点と元夫家族との同居が解消され精神的に楽になったこと。逆に大変だったのは「子供3人の子育て、家事と仕事の両立」です。離婚して後悔ありません。

もしかして今、パートナーの浮気を疑っていますか?
その兆候を感じてしまったら、心配ですよね、怖いですよね・・・

まさか・・・?!と、思いますよね。

よく、テレビドラマでありますよね、浮気して帰ってきた夫の、テンプレのような言動。
「満員電車で、口紅が付いたみたいだ」とか・・・

そんな言い訳、バレバレだよ。
TVを見ているときはそう思うでしょう?

でも、現実世界でも、浮気する夫は、本当に呆れるようなことを起こします。

今回は、実際に、夫のどんな兆候で、私が彼の浮気に気づいたのかということを、赤裸々にお話したいと思います。

これが浮気の兆候だ!元夫の浮気11の兆候

その1、ケチになった

一定額の生活費を除いて、全てを自分のお小遣いにしていた夫。

自由に出来るお金は、生活費の倍以上はあったので、十分なはずでした。

それなのに、ふと気づいたときに、それまでは言わなかったような、やけに細かいところで、ケチなことを言い出したのです。

「サーティワンアイスは高いから勿体ない」
「車のガソリン代は、食費から出して」

など。

もし、付き合い始めた時から同じ言動なら、性格なのだろうと、納得するところですが、つい最近まで言わなかったようなことを言い出したので、変だな・・・、と思いました。

ギャンブルで散財したのかな、と、この時はまだ、思っていましたが、今から考えると、愛人とのホテル代やデートに、お金をつぎ込んでいたのだろうと思います

その2、携帯を見せなくなった

 交際中からずっと、自由にお互いの携帯を見ていて、全く隠し事の無い関係だったのに、まず、携帯をテーブルや、ソファーに置き去りにすることがなくなりました

そして、一番違和感を覚えたのが、一緒に買い物にでた時に、私が家に携帯を忘れ、義母に用事があって、夫の携帯を「貸して」と言ったら、拒否された出来事です。私に携帯を触られないようにしている、と、確信しました。

その3、車を欲しがるようになった

 家には義父の車が1台あり、それを家族で共有して使用していました。

 普段も気兼ねなく自由に使えていたので、その状態で、全く不便はなかったのに、急に夫が、「自分の車が欲しい」と言い出したのです。

 私はこれを、「2台分の駐車場代が、もったいない」と一蹴していました。

その4、転職したがるようになった

 宅配や、飲料水業者のような、自家用車持ち込みのところで働きたいから、車が欲しいと、言い出しました。

 これも、自家用車にこだわらずとも、転職はできるでしょう、と、私は一蹴しました。

※おそらく、時間を自由に使えるような仕事について、車は愛人を乗せてドライブするため、自分だけの自由になる車が欲しかったに違いないと思います。

その5、残業が増えた

ほぼ定時で帰宅できる職場なのに、「残業で遅くなる」ということが増えました。

また、休みの日にも、「友達と飲みに行く」「麻雀する」「パチンコする」と、帰宅が夜中になり、しまいには帰ってこない日が増えました。

その6、一緒にお出かけするのを拒否されるようになった

 ある休みの日、すこし離れた私の実家に、子供を送りに行ってもらう約束をしていました。

 両親が孫と遊んでいる間、「暇だから、実家近くのショッピングモールに行く」というので、「私も一緒に行きたい」と、言ったら、ものすごい勢いで、拒否されてしまいました。

※このときは、子供がまだ小さくて、単語くらいしか、おしゃべりをしない時期だったのをいいことに、夫は愛人を、子供と一緒の車に乗せ、ショッピングモールで、デートしていたのだと思われます。

その7、歯医者に通い出した

病院、特に中でも、歯医者が嫌いで、口の中の虫歯を、ずっと何年も放置していたのに、急に歯科に通い出し、虫歯治療を始めました。

愛人に、口臭か衛生面でも、指摘でもされたのでしょうか・・・

その8、 家で食事を食べなくなった

夫の食事を用意していても、食べないことが増え、家族で食卓を囲むことが少なくなりました。

せっかく、夫の分を作っていても、「要らない」と言われることが増え、食べるのか、食べないのか分からず、モヤモヤすることが増えました。

その9、夜の営みがなくなった

これは後から分かったことですが、夫曰く、愛人とは「体の相性が、今までの女性の中でも、抜きんでて良く、色々な体験をして、もう“彼女じゃないとダメだ”と、思うほど、愛人とは、夜の営みにのめり込んだ」と、言っていました。

その10、写真を嫌がるようになった

 季節や、節句、行事などで、これまでたくさん家族写真を撮り、家に飾ってきましたが、急に、「撮られるのが嫌」と、言うようになりました。

(その頃の夫は、家族と過ごすのが苦痛で、笑えなかったとのことです)

その11、車の走行距離が、急に増えた

 これに気づいたのは、普段、車の管理、点検をしている義父からの言葉がきっかけでした。

「最近、車で行った、一番の遠出はどこだい?」と、ある時に聞かれたのです。

私は、近所のスーパーしか行ってなかったので、素直にそう答えましたが、義父が疑問に思って夫を問い詰めたところ、どうやら夫が、我が家から片道30キロも離れた愛人宅まで、カッコつけて彼女を車で送ったために、走行距離が急に伸びていたことが判明したのでした。(この事実は、夫の浮気が確定してから、“そういえば・・・”という形で、義父に聞かされました)

これが浮気の決定的証拠に!4つの証拠

これまで、数々の夫の浮気の兆候を挙げてきました。

思い起こせば、こんなにもおかしなことがあったのに、それでも、表面上は夫婦生活を送っていた私たち。

ところがこの後、事態は急展開します・・・・・・

決定的証拠1、大人の玩具を発見 

夫の部屋から、見たことの無い大人の玩具を発見しました。新品ではなく、開封、使用済みと思われるものでしたが、私には、心当たりがありません。

決定的証拠2、開封済みコンドームの箱を発見 

見たことのない、コンドームの箱を夫の部屋で見つけました。

思わず、その箱に入っているべき入り数と、実際の残量の数を数えました。予想はしていましたが、中身が減っていることが分かりました。

決定的証拠3、高価な遊園地のチケットを発見

某有名遊園地の、スターライトパスポート(土日祝日の午後3時から利用できる)の、大人2枚分の「使用済みチケット」半券を、ごみ箱から見つけました。

高価なチケットです。我が家では、2年に1回行けばいいくらいの、気後れする程、チケットの高い遊園地。

しかも、幼い子供がいるうちの家庭では、行ったとしても、朝から行って、午後15時頃には帰るのが定番なのに、午後3時以降に使用できるチケットってどういうこと?

もちろん、赤子に授乳中の私が、遊園地に行き、使用したわけもありません。

なお、チケットの日付を見ると、夫が「友達の家で、徹夜で麻雀」をして、「そのまま眠いからお泊り」していたはずの日付だということがわかりました。

決定的証拠4、キスマーク

 ここまでくると、愛人も、妻をなめきっているとしか思えないような、はっきりとした証拠を残してきたと思います。

 夫婦生活も、「ジ・エンド」と思わせてくれる、大きくショックを受けた証拠でもありました。

さて。私は、上にあげたような夫の言動で、浮気の兆候を感じながらも、残念ながら、止めることまでは出来ませんでしたが、最終的には、調べあげた全ての証拠を夫に突き付け、浮気を認めさせました。

お陰で、離婚も有利な条件で、すすめることができました。

 
どうでしょう。今、パートナーの浮気をお疑いの皆さん。

この項目の中で、お心当たりの兆候はありましたでしょうか・・・・・・?

 

 

 

コメントを投稿する

Please enter your comment!
Please enter your name here