離婚したくてもできない!そんなあなたが取るべき行動とは?(離婚経験者の発信)

0
317
27歳の時に離婚した女です。結婚5年目、交際期間含めると7年目で離婚。離婚時子供は1人(4歳)いました。離婚した一番の理由は夫からのDVです。離婚してよかったことは自分のペースで生きられること。逆に大変だったのは「一人で子供を育てる責任」です。でも離婚して全く後悔ありません。

結婚生活において、忍耐は必須です。

なぜなら、性格も育った環境も年齢も違う他人同士が、一緒に生活をしていくのですから。

良い面しか見えていなかった、ラブラブな恋愛時代のままずっと過ごすのは、まず無理と言ってもいいでしょう。

ですから多少の価値観の違いや性格の不一致は、お互いが我慢し譲り合わなければ、婚姻関係を継続できません。

しかし日々の暮らしの中で、どうしても婚姻関係を継続しがたい理由が生じ、離婚したいと強く思うこともあると思います。

今や、結婚したカップルの3組に1組が離婚すると言われている時代。

かつての「結婚とは生涯の愛を誓うもの」という認識が薄れ、非常に離婚しやすい時代だと言えます。

それなのに世の中には「どうしても離婚したい理由があっても、どうしても離婚できない人」が多くいるのです。

それは一体なぜなのでしょうか。そして、その問題をどのように乗り越えればいいのでしょうか。

今回は離婚したくてもできない理由と、その場合どのように行動を起こすべきなのか、についてお話します。

離婚できない理由1.相手に離婚原因があるが、離婚に応じてくれない

結婚と同様、離婚も双方が同意しなければ成立しません。

ですから、いくら相手が浮気や借金を繰り返していても、話し合いで離婚に応じてくれないことには、前へ進めません。

また、これは筆者も経験があるのですが、離婚したい理由が相手によるDVの場合。

離婚話を持ち出すだけで、暴力がエスカレートする可能性があるため、なかなか言い出せません。

…その場合、離婚に事を進めるには、裁判をすることになります。

しかし、それには長い時間と費用がかかるため、その労力と精神的負担を考えると、行動に移しづらいのです。

離婚に応じてくれなくて離婚できないあなたが取るべき行動

まず、すぐに裁判に動き出すには負担が大きいため、パートなどをして費用を捻出し、離婚時期を見計らいましょう。

その期間にやるべきことを進めておきます。

1.証拠集めをする

離婚理由が不倫・DV・モラハラなどの場合、裁判を有利に進めるためにも、調停員や裁判官が納得するような証拠(写真・日記・会話の録音など)が必要ですので、集めたり記録したりしておきましょう。

2.家庭内別居、もしくは別居を試みる

離婚に応じない相手の多くは、まだ自分に気持ちがあり、修復可能だと信じています。

ですから、必要最低限のこと以外の家事はしない、自分から話しかけないといった風にもう修復不可能だと、相手へしっかりアピールしましょう。

もし実家に頼れるのであれば、金銭的にも負担がありませんし、実家に帰って別居をしましょう。特にDVの場合は家庭内別居が通用しないので、別居をおススメします。

3.ある程度証拠が集まったら、調停を起こしてみる

実は、調停は弁護士を雇わなければ、費用は数千円で済みます。

また、家庭裁判所に足を運ぶ頻度も1~1、5ヶ月毎に1度ですので、時間の調整も難しくないかと思います。

【関連記事】
実録!DV夫との調停離婚の費用はたったの6000円だった

離婚裁判は離婚調停が終わっていることが条件の一つですので、離婚へ前進するためにも、ある程度証拠が集まったら、調停を起こしてみましょう。

もちろん、裁判までいかずに調停で離婚が決まる可能性も大いにあります。

離婚できない理由2.自分に離婚原因があり、パートナーが離婚に反対している

夫婦関係が破綻した理由が自分にある場合、相手が離婚を望まない限り、裁判所は基本的に離婚を認めません。

なぜなら例えば浮気など、自分が相手に精神的苦痛を与えた立場であるにも関わらず、さらに離婚を請求することによって、相手をもっと傷つけてしまうことが社会正義に反すると考えられるからです。

このように、離婚原因を作った側の配偶者は、「有責配偶者」と呼ばれています。

自分に離婚原因があって離婚したいあなたが取るべき行動


上記で、裁判所は基本的に有責配偶者からの離婚請求を認めないと書きましたが、例外的に認められる場合があります。

1.長期間別居をする

長期間、共同生活をしていない夫婦の場合、事実上婚姻関係が成り立っていないことを考慮し、有責配偶者からの離婚請求でも、認められる場合があります。

ただし、別居期間は7~8年が目安とされているため、長期戦になる覚悟はしてください。

2.子供が成人するまで待つ

夫婦の間に子供がいる場合、子供が未成年でいる間は、有責配偶者からの離婚請求が通りません。

場合によっては子供が18歳になった時点で認められたケースもあるようですが、やはり子供が小さいうちは離婚に至るまでに長い期間を要することになるでしょう。

3.離婚によって相手が経済的・精神的に困窮しないようにする

自分が女性の場合、離婚によって夫が経済的に困窮する可能性は低いでしょう。

しかし別居により精神的苦痛を与え、うつなどの症状を引き起こし、夫が働けなくなってしまう可能性もあります。

ですから夫婦できちんと話し合い、子供との面会頻度や慰謝料など、お互い納得できる取り決めを行った上で別居に行動を移してください。

理由3.経済的不安から離婚できない

主婦である女性が、どんなに離婚したくても離婚に踏み切れない一番の理由がこれではないでしょうか。

パートや専業主婦の期間が長い方は、離婚後フルタイムで働ける職場を見つけるのも、新しい住居を借り生活していくのも、簡単とは言えません。

それなのに子供のいる家庭は、子供の年齢と共に養育費がどんどん増えていくため、収入面に安心できる要素がないと、離婚できないのです。

経済的不安から離婚できないあなたが取るべき行動

まず行いたいのは、離婚へ向けて少しでも多く貯金をすること。

パートを増やすなど働ける環境の方は良いですが、中には相手にパートに出ることを禁止されている方も…。

そういった方は節約をし、自由に使えるお金をなるべく多く貯めましょう。

また離婚後の就職を、できるだけ有利に進めるために、資格取得を目指すのも良いと思います。

この「出来る限り貯金をすること」を大前提とし、合わせて他にもこのような収入源が見込めるかどうかを確認しましょう。


1.プラスの財産はあるか

夫婦が婚姻後に共に築いた財産は、離婚時に半分もらえる権利(財産分与)があります。

この財産分与について、どのくらい見込めそうなのか、相手名義の証券や預貯金をあらかじめ把握しておきましょう。

2.慰謝料・養育費はもらえるか

有責配偶者が相手の場合、相手に慰謝料を請求することができます。

その相場は離婚理由にもよりますが、数十万~数百万円ととても幅広いです。

また親権が自分にある場合は、相手から養育費を受け取る事ができます。

離婚時に、自分がどの程度相手からお金を受け取る事ができるのか、家庭裁判所が作成している算定表をもとにおおよその金額を把握しましょう。

ただし相手に金銭的な余裕がなければ、いくら請求しても支払い能力がないので払えません。

算出額はあくまで目安として、あてにしすぎないようにしましょう。

3.母子家庭が受けられる支援を調べておく

実は、日本には母子家庭が受けられる支援制度や手当が数多くあります。

また、国からだけでなく各市町村が行っている制度も多いので、各地域によってその内容にはバラつきがあり、しかも自分から申請しなければそのほとんどが受けられません。

ですから子供がいて親権を取りたい場合、離婚後住むことを検討している地域では母子家庭にどんな支援や手当があるのか、事前に調べておくと離婚後の生活の見通しが立ちやすいでしょう。

【関連記事】

経験したから分かる!シングルマザーが貧困になる理由&知って得する支援制度14個

理由その4.子供が可哀想。また世間体が気になってしまい離婚できない

子供がいる家庭で離婚を考える際、このことも頭を占める割合が大きいと思います。

離婚することで子供から父親を取り上げてしまうことが可哀想。

環境が大きく変わってしまうことで、周りの目や噂が気になり、子供に悪影響を与えてしまうのではないか。

このように考えれば考えるほど、どんなに離婚したくても躊躇してしまうのです。

子供が可哀想で離婚できないあなたが取るべき行動

さて、この場合にあなたが取るべき行動は、自分自身の気持ちともう一度向き合うことです。

世間体が気になるのは、本当に子供のためですか?

自分に離婚する勇気がないことを、子供や世間体を理由にしているだけではありませんか?

なぜなら子供は、大人よりも非常に高い順応力と、状況を理解できる心を持っています。


それに冒頭でお伝えしたように、夫婦の3分の1が離婚するこの時代、学校では1クラスに平均2、3名の子供が母子家庭または父子家庭で暮らしています。

今さら母子家庭をそこまで偏見の目で見る人は少ないと言えるでしょう。

ですから無理をして離婚を回避し、両親の不穏な空気の中を子供と暮らし続けていく方が、よっぽど子供を不安にさせ、悪影響を与えてしまうのではないでしょうか。

…今一度、自分がどうしても離婚したい理由と、どうしても離婚できない理由について考えてみましょう。

終わりに…

いかがでしたでしょうか。

現在離婚をしたくても、どうしてもできないでいる方の中には少々耳が痛い話もあったかもしれませんが、それほど離婚への覚悟は強いものでなくてはなりません。

一度築いてきた家庭を崩す選択をするということは、家庭を一から作ることよりも難しく、誰の心も痛めない離婚はないからです。

私も離婚経験者ですが、やはりまだ自分の中で離婚への決意が揺らいでいるであろう時期には、やはり子供のことや、金銭面を理由に踏み出せないでいました。

しかし本当に覚悟を決めたら、不思議なほど一直線に離婚に進めたのです。

ですから本当に離婚したいのであれば、どうしても離婚ができない=諦める

のではなく、各章の「取るべき行動」に挙げたことでもいいですし、誰かに相談することでもいいでしょう。

とにかく今の自分にできるほんの小さなことからで良いので、まず何か離婚へ向けて行動に起こすことを始めてみてはいかがでしょうか?

結婚生活を続けたい時には忍耐が必要ですが、どうしても離婚したい気持ちに忍耐は必要ないと私は思います。

コメントを投稿する

Please enter your comment!
Please enter your name here