シングルマザーの恋愛が難しい理由5つ

0
1027
27歳の時に離婚した女です。結婚5年目、交際期間含めると7年目で離婚。離婚時子供は1人(4歳)いました。離婚した一番の理由は夫からのDVです。離婚してよかったことは自分のペースで生きられること。逆に大変だったのは「一人で子供を育てる責任」です。でも離婚して全く後悔ありません。

子育てに仕事に家事にと奮闘するシングルマザーの皆さん。

もしも、あなたの今の状況を全て理解した上で傍にいてくれる男性が現れたら…。

心を委ね、再び将来を夢見たくなるのは当然だと思います。

しかし今までの恋愛とは大きく違い、いくら心が通じ合っている2人でも、バツイチで子供のいる恋愛にはたくさんの困難があります。

私は離婚後約3年間の恋愛の末、子連れ再婚をしました。でもただ幸せな3年間を過ごしただけではありません。

たくさん悩み、たくさん話し合い、たくさんの時間を3人で過ごし絆を深めました。

今これを読んでくださっている人の中にも、子供がいる恋愛に戸惑い、なかなか先に踏み出せずに悩んでいる方がいるかもしれません。

今回はそんなシングルマザーの恋愛が何故難しいのか、そしてどのように行動を起こしたら良いのかを、経験を踏まえてお話します。

理由1.彼に現状を理解してもらうこと

シングルマザーの恋愛で最も重要なことは、彼に自分の今の状況を全て受け止めてもらい、それでも付き合う意思と覚悟があるか確認することです。

特に未婚男性とのお付き合いの場合、「子供がいる」という事実は理解できても、それが2人の付き合いにどのように影響していくか分かる人は少ないと思います。

2人きりで会う事の難しさ、電話やメールができる時間帯…そして何より彼よりも子供を優先すること。

お互いが好きなだけでは付き合えないのがシングルマザーの恋愛です。

いきなり最初から血の繋がらない我が子を愛して欲しいなんて無理な話です。

ですが、これは無責任な気持ちでできる恋愛ではないということを、まず彼に理解してもらわなければ始められません。

お付き合いをする上で一番最初の高いハードルはこれに尽きるでしょう。

理由2.世間の目の厳しさ

私は、シングルマザーの恋愛でもう一つ必要なのは、身近な人々の理解だと思います。

周りから白い目で見られるような恋愛をしていたら、我が子にとってとても失礼だと思うからです。

しかし残念ながら近年では、シングルマザーの母親が子供よりも彼氏を優先したことによって起きてしまう悲しい事件が増えています。

「子供が成人するまで待てないのか」
「女であることを優先しているようで気持ち悪い」
「相手の男性と虐待をするんじゃないか」

そういうことから、世間の目はとても厳しくなりました。

私は、子供のことより自分の恋愛感情を優先してしまう女性は、子供が成人するまでは恋愛をする資格がないと思っています。

そしてまず子供のことを第一優先に考え、再婚を視野に入れた上で出来る恋愛のパターンは、主にこの2つだと思います。

<<パターン1>>
子供には成人するまで一切彼の存在を匂わせず、それまではあくまで2人で割り切ったお付き合いをする

<<パターン2>>
早い段階から子供を交え、3人以上(子どもの人数)でのお付き合いをする

私は後者のパターンでしたが、どちらにしても自分の両親や兄弟などに我が子を預ける時が来るため、身近な人々の理解とサポートが不可欠です。

どれだけ真剣な気持ちの付き合いなのか。何が起きても子どものことを一番に考えられるか。

これらを訴え理解してもらうことは、今の世の中容易ではありません。

理由3.彼と会う時間の確保

シングルマザーは毎日、仕事や家事、育児など目まぐるしく忙しい日々を送っています。いくら子供のことを考えた恋愛だとしても、まずは当人同士の絆を深めなければ進展しません。

最初は2人で会う時間を確保することから始まり、信頼を深める中で、今後子供を交えた関係を築くにはどうしたらいいのか…の話し合いにも繋がっていけたらいいかな。

と、いうのが自然な流れだと思います。

しかし忙しい日々の中で、休日の度に子供を預けていたら子供に寂しい思いをさせてしまいますし、預けられる側もきっと良い印象を持たないでしょう。

また、子供の生活のサイクルを考えると、夜遅くまで会うこともなかなか難しいかと思います。こういったところにも相手の理解が必要です。

私は最初、自宅の距離が離れていたこともあり、2人では月に1回程度しか会えませんでした。

ここでお互いが辛抱できていなかったら、きっと関係はすぐに破綻していたと思います。

もちろん職場が同じだったり、自宅が近所だったりすればもっと会える時間が確保しやすいかと思いますが、大事なことはお互いで納得できるペースを作ることです。

理由4.子供に会わせること


これもとてもデリケートで難しい問題です。

これは私が娘に対し、最低なことをしてしまった経験談なのですが、お付き合いをして半年ほどたったある日、彼の方から「3人で某テーマパークに行ってみないか」とお誘いを受けました。

自分からはそのうちと思っていても、なかなか言い出せなかったので、今思えば相当浮かれてしまっていたのだと思います。

「この日はママのお友達のお兄さんと一緒に遊びに行くんだよー。とっても優しい人で○○(娘)にもいつもとても会いたがっていたんだよー。」

と、数日前から気持ちを盛り上げようと言い続け、当時5歳だった娘も楽しみにしてくれているように私の目には映っていたのです。

しかし、いざ会った途端から娘は不機嫌になり、それから1時間以上癇癪を起こしてしまいます。彼もその場でどうしたらいいのか、とても困惑していました。

これは娘ときちんと向き合わず、自分の感情を優先してしまった私に全ての責任があります。5歳だからまだ詳しく説明しなくても判らないだろう。ではありません。

細かいことは判らなくても、恐らく私のテンションの違いを察知し、娘に対し彼のことを気に入って欲しいというプレッシャーを知らず知らずのうちに与えて無理をさせていたのだと思います。

もっと真剣に、母親として話をすべきでした。

その日は結局数時間をかけて娘と彼が普通に話し、抱っこできるくらいまでの関係は築けたのですが、自分のエゴで2人を振り回してしまったことに、自己嫌悪はしばらく続きます。

また、子供と彼がせっかく仲良くなった矢先に、もしも何らかの事情で別れを迎えることがあったら…。

離婚により大好きなお父さんと離れ離れになったのに、また信頼を寄せ始めた彼と離れ娘を傷つけてしまう。

こんな簡単なことにも後から気づきました。

どのタイミング、どのシチュエーションが正解だったのか私には今でも分かりません。

しかし、やはり子供の気持ちを一番に尊重し、様々なリスクも想定した上で、母親である私たちが冷静に判断しなくてはならないと思うのです。

理由5.母親の自分、彼女の自分

これは先ほどの子供と彼を会わせる問題にも繋がります。

私は一番最初に上手にできませんでしたが、それ以降自分の女性の部分を、絶対に娘に見せてはいけないと、いつも心に言い聞かせて恋愛をしていました。

父親のいない娘にとって、今は私だけが頼れる親です。

その母親が、自分に見せたことのない雰囲気の言動を他所の男性に対してすることは、母親まで何処かに行ってしまうのではないかという不安要素を作ってしまうと思ったからです。

逆に彼に、出来るだけ早く母親であるありのままの自分を見せられたら、繕わず自然体でいられるので何より楽なはずです。

それに、彼がそんな母親の部分を見ても、冷めることなく一緒にいる道を選んでくれたら、もっと将来のことを身近に考えられると思います。

ただ、娘には絶対的に愛されている自信があっても、彼に関してはそうではありません。

この自分の持つ、母親の部分と女性の部分を、彼と子供が一緒にいる時にコントロールするのがとても難しいと感じました。

まとめ 自分たちらしさを大切にすること

いかがでしたでしょうか。

私はシングルマザーが恋愛することは、とても良いことだと思います。

自分の生活に潤いも生まれますし、お母さんが生き生きとしていたら、子供もきっと嬉しいと思います。

それに相手の方の理解を得られ、それでも自分と一緒にいてくれるなんて、何よりの愛情の証拠のように感じられますよね。

いくつか不安にさせてしまうようなこともお話しましたが、結局は自分たちのペースと距離感を保って、お互いと子供が無理をせず付き合っていくことが一番大事だと思っています。

その上で、将来のことも考えられるタイミングが合い、もしも順調に進めることができたのなら…これ以上素晴らしいことはないですよね。

コメントを投稿する

Please enter your comment!
Please enter your name here